読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

quattro_4's diary

また同じ過ちを繰り返すと気付かんのか!?

iPhone, iPod Touchで消えた曲を元に戻す

問題

厳密には消えている訳ではなく「コンピレーション」のフラグが原因でミュージックアプリから曲にたどりつけないケースについての対処法

以下のような挙動が見られる

  • アーティスト一覧から選択しても、曲・アルバムが一覧に存在しない
    • 検索すると曲がヒットする
  • シャッフル再生などでは再生される
  • iTunes上のアーティスト一覧からだと、曲・アルバムが表示されていることがある


関連するかもしれない別の問題として以下のようなものが考えられる

  • iOS 8.4以降でApple Music絡みで曲が削除されたということを言っている人を見かけた
    • アーティスト一覧からたどりつけなくなったことを削除されたと認識している可能性もある
      • → 検索して試してみると良い
    • 個人的にはそれらしい問題になった自覚はないので関連性は不明
  • iTunes Matchの影響(有効にしたことがないので不明)

解決方法

コンピレーションのフラグをオフにする

スマートプレイリストを利用して該当する曲を抽出

ファイル > 新規 ▶ スマートプレイリスト

f:id:quattro_4:20150923224455p:plain

作成されたスマートプレイリストに含まれる曲をまとめて選択し、右クリック > 情報を見る > コンピレーションのチェックを外す > OK

後で再びチェックを戻したいという可能性に備えるなら
ファイル > ライブラリ ▶ プレイリストを書き出し… してファイルにバックアップしておくと良い

再度端末と同期する

f:id:quattro_4:20150923224501p:plain

※ 副作用がある。iTunes/iTunes Media/Music 以下で管理されている楽曲だと、もともとCompilationsのフォルダで管理されていたものがアーティスト名などに展開される(iTunesの設定による)

iTunesの楽曲管理の挙動

上に挙げた副作用に関連して、わかっている挙動をまとめてみる

iTunes上の設定によるが、普通に使う場合は次の2つに分けられる

  • (A) iTunes支配下のフォルダにあるかiTunesの設定による)
  • (B) そうでない別の場所にあるか(外付けドライブなど)

(A)の場合、曲を取り込むと
"/アーティスト名/アルバム名/曲名.拡張子"のような場所に保存される
iTunes上で、アーティスト名、アルバム名などを変更すると、ファイルの場所(パス)も自動的に変更される
(B)の場合は場所が変更されない

コンピレーションのフラグがついている楽曲について
(A)の場合、元のアーティスト名はCompilationsになる
そして、コンピレーションのフラグをOFFにするとファイルの場所も変わる

例えば、オムニバスアルバムなどの場合
"/Compilations/アルバム名/Track01.mp3", "Track02.mp3" ...
などが
"/ArtistA/アルバム名/Track01.mp3"
"/ArtistB/アルバム名/Track02.mp3"
"/ArtistB/アルバム名/Track03.mp3"
"/ArtistC/アルバム名/Track04.mp3"
などに展開される

なので、ファイルの場所が自分の望む管理場所にあるかどうか良く確認する必要がある


個人的な運用方法は、Macを新調して取り替えた時などに、コピーし間違えなどが嫌なので外付けドライブで管理している
CDからiTunesで取り込み -> ライブラリから一旦削除(ファイルは残す) -> 外付けドライブへ移動 -> ライブラリ再登録
という運用をしている
iTunesで購入した項目は、自動で再ダウンロードできるので、外付けドライブには移動して管理していないし、情報の変更などもしないようにしている

コンピレーションのフラグのあるアルバムについては主に
①オムニバスアルバム
②通常のアーティストのアルバムに数曲(feat. 他のアーティスト)という形でアーティスト名が違う曲があるもの
がある

①のオムニバスアルバムは同じフォルダのまま管理したいので、外付けドライブに移動しライブラリ再登録した後で、コンピレーションフラグをOFFすると都合が良い
②はアーティスト名を"あるアーティスト feat. 他のアーティスト" -> "あるアーティスト"にして
曲名を"曲名.mp3" -> "曲名 (feat. 他のアーティスト)"にして、同一アーティスト扱いにして管理していることが多い
スプリットアルバムのような場合は、外付けドライブ移動前にコンピレーションフラグをOFFにして"/ArtistA/アルバム名/", "/ArtistB/アルバム名/"に展開された後に、外付けドライブに移動している

楽曲管理は数万曲になるが、現状細かい不満はたまにあるが、コンピレーションフラグのせいで曲が見つからない現象さえ解消すればそこまで不便ではない

細かい不満といえば、iTunesで購入する楽曲はアーティスト名、アルバム名などが日本語(カタカナ)のものが混在してiPhone上の選択などで分かれることがあることなどがある

その他

なんらかの関係があるかもしれない設定等

iTunes上のコンピレーションの設定

iTunes側にもコンピレーションの設定がある

f:id:quattro_4:20150923224447p:plain

  • 最初はこのメニューでまとめられた曲をすべて変更すれば十分だと思ったが違った
    • まとめる設定の場合で、コンピレーションのフラグがオンのアルバムがあっても、アルバム内のアーティストがすべて共通だとアーティスト側にリストされている(ような気がする)
  • このフラグを変えた後で、端末同期することによってiOS側の設定に変化があったかどうかは不明

参考:コンピレーションアルバムの楽曲を表示する | iTunesの使い方 - TeachMe iTunes

Apple Musicの設定 (オフラインミュージック)

Apple Musicは試用したが、特に欲しいものがなかったのと、曲が消える噂があったのとを理由に無効にしている
オフラインミュージックのみオン

f:id:quattro_4:20150924235252p:plain:w300

同期の問題

以前書いた同期失敗の問題
iOS 8.4.1とiTunes 12.2.1.16の組み合わせで最近は調子良い

iTunesで大量音楽データの同期に失敗した時の直し方(その他の容量が消せない時) - iExplorer - quattro_4's diary

また同期が悪くなった時に備えて、同期が調子良い時のバージョンのiTunes.appの複製を他の場所に保存した


以下の問題が発生したが、iMac再起動したら直った
後日、iTunes12.3.0.44 にしたら不安定になった

  • 「不明なエラーが発生しました(0xE8000084)」が不定期に出る
  • iPodが認識しなくなった(同期できない)
    • 毎回信頼しますかとか聞かれる
    • Mac側で画像が読み込めないとかのエラーが出る
  • iTunesをDowngradeしようとしたができなかった

他 参考

iPhone, iPod内でコンピレーションアルバムのリストを表示する
iOS 8.4での音楽アプリの便利な使い方まとめ. | りんごときらら
http://ringo-kirara.com/wp-content/uploads/2015/07/122cb7e5084e76cb94c45a8f9914267d.png